Definition (計算条件・境界条件・格子生成条件の定義)

計算条件・境界条件・格子生成条件の定義情報を保持します。

リスト 63 Definition の定義例1
1<Definition valueType="integer" default="1" />
リスト 64 Definition の定義例2
1<Definition valueType="integer" default="0" >
2  <Enumeration value="0" caption="Standard" />
3  <Enumeration value="1" caption="Advanced" />
4</Definition>

例は 計算条件・境界条件・格子生成条件の項目の定義と読み込み処理の例 も参照して下さい。

属性

表 17 Definition の属性

名前

必須

説明

valueType

下の表を参照

値の種類

default

文字列

デフォルト値

noSort

true もしくは false

テーブルを Param の値でソートしたくない場合は true を指定

cgnsFile

文字列

参照先のCGNSファイルの名前

表 18 valueType の値

意味

integer

整数

real

実数

string

文字列

functional

関数型

filename

ファイル名

filename_all

ファイル名。存在しないファイルも選択可能

cgns_filename

CGNSファイル名

foldername

フォルダ名

result_gridNodeInteger

格子点で定義された整数の計算結果の選択

result_gridNodeReal

格子点で定義された実数の計算結果の選択

result_gridCellInteger

格子セルで定義された整数の計算結果の選択

result_gridCellReal

格子セルで定義された実数の計算結果の選択

result_gridEdgeIInteger

I方向のエッジ定義された整数の計算結果の選択

result_gridEdgeIReal

I方向のエッジで定義された実数の計算結果の選択

result_gridEdgeJInteger

J方向のエッジ定義された整数の計算結果の選択

result_gridEdgeJReal

J方向のエッジで定義された実数の計算結果の選択

result_baseIterativeInteger

グローバルな整数の計算結果の選択

result_baseIterativeReal

グローバルな実数の計算結果の選択

子要素

表 19 Definition の子要素

名前

必須

説明

Enumeration

値を選択肢からのみ選べるようにしたい場合に指定する。valueType が integer, real の場合のみ指定できる。

Condition

この条件が、有効になる時の条件を指定する。

Parameter

関数の横軸にする値。valueType が functional の場合のみ指定できる。

Value

関数の縦軸にする値。valueType が functional の場合のみ指定できる。