cg_iric_read_grid2d_interpolatewithcell

指定した位置での値を、格子での値を使って補間して計算するための情報を返す。

指定した位置が含まれるセルのIDがわかっている場合はこの関数を使用する。 分かっていない場合は cg_iric_read_grid2d_interpolate を使用する。

形式 (FORTRAN)

call cg_iric_read_grid2d_interpolatewithcell(g_handle, x, y, cellid, nodeids_arr, weights_arr, ier)

形式 (C/C++)

ier = cg_iRIC_Read_Grid2d_InterpolateWithCell(g_handle, x, y, cellid, nodeids_arr, weights_arr);

形式 (Python)

nodeids_arr, weights_arr = cg_iRIC_Read_Grid2d_InterpolateWithCell(g_handle, x, y, cellid)

引数

表 189 cg_iric_read_grid2d_interpolatewithcell の引数

変数名

I/O

内容

g_handle

integer

I

格子のハンドル

x

double precision

I

X座標

y

double precision

I

Y座標

cell_id

integer

I

セルID

nodeids_arr

integer, dimension(:), allocatable

O

セルを構成する頂点IDの配列

weights_arr

double precision, dimension(:), allocatable

O

セルを構成する頂点IDの値に基づいて補間する時の重みの配列

ier

integer

O

エラーコード。0なら成功。